業者にSEO対策を依頼した場合の費用

検索エンジンを利用したキーワード検索で上位に表示させる仕組みに、SEOとリスティングがあります。両者の違いは、表示順位をコントロールができるかどうかです。表示順位が高くないとクリック率はあがりませんが、SEOの場合表示順位が保証されることはありません。そのために様々な対策がなされるわけですが、それに対してリスティングの場合は、入札価格や広告の品質によって予め順位表示されるのです。そのためリスティングは費用さえかければ上位に表示させることが可能なのです。また、設定に関してもSEO対策と比べると簡単で、時間もかからないというメリットもあります。もちろん、リスティングはクリック数に対して課金されますが、業者にSEO対策を依頼した場合の費用を考えると対効果が高いです。

ユーザーの誘導効果

リスティング広告の課金システムはクリック課金と呼ばれるシステムを採用しています。これは広告そのものには費用は発生せず、クリックされた場合にだけ、そのクリック数に応じて課金されます。そのためクリック率が高くなるほど費用が発生することになりますが、その分ユーザーをサイトに誘導することができます。クリックされたときに発生する費用は一律ではなく、広告主自身が自由に入札価格を設定することができます。そして、その設定した入札価格と広告の品質をもとに費用が決定されます。入札価格を高く設定するとそれだけクリック料金が高くなるわけですが、キーワード検索に対して上位に表示されるというメリットがあり、ユーザーの誘導効果があがるシステムになっています。

新着情報