掲載順位を上位にコントロール

キーワード検索に連動して広告を表示させるシステムをリスティング広告と言います。ヤフーやグーグルなどで提供されているサービスですが、このキーワード連動表示広告において最も重要になってくるのが掲載順位です。キーワード検索の表示結果が上位に表示されればされるほど、ユーザーの目につき、クリックされる可能性が上がります。逆に下位に表示されれば、せっかく広告していてもユーザーから気づかれない可能性もあります。リスティング広告では掲載順位を上位にコントロールすることができます。それはクリック料金に対する入札価格を高く設定し、広告内容のレベルを上げれば良いのです。広告費用さえ捻出できれば、特に難しい技術を必要としません。

1円~9999円

リスティング広告の課金システムはクリック課金制が採用されています。これはネットユーザーがクリックしたときにのみ費用が発生するシステムのことで、計算式はクリック料金×クリック回数となります。クリック料金は広告主側で自由に設定することができます。クリック料金単価を上げると、その分広告費用が多く発生することになりますが、掲載順位を上位に表示させることができるメリットがあります。最低入札価格は1円~9999円となっており、一般に検索数が多いキーワードほど、最低入札価格が高くなります。ただ、複数の入札があった場合は、入札価格だけでなく、クリック率でも掲載順位が変動します。クリック率が高い広告ほど上位に表示されます。

新着情報