サイトを訪れたユーザーのうち

リスティング広告とはパソコンなどの使用者が検索エンジンで検索をしたキーワードに連動して表示される広告を指します。このリスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれておりまして、非常に効果的な広告とされております。なぜならばユーザーは検索キーワードに関する情報を欲求しているはずなので、漠然と万人に広告を送り込むよりもターゲットを絞り込んでの広告となり、購買に繋げる効果が高いとされているのであります。さらにこの広告を見て広告サイトを訪れたユーザーのうち、商品の購入などの成果につながった割合をコンバージョン率と呼んでおり、リスティング広告の効果を客観的に評価する上でコンバージョン率を検証することが重要とされております。

リスティング広告をしてサイトの使いやすさを

リスティング広告の効果を強化するためには、広告サイトを訪れたユーザーを購入に繋げてコンバージョン率のアップを図らなければなりません。このコンバージョン率はビジネスモデルや取り扱い商品、さらにWEBサイトの使いやすさなどの要因によりまして大きく変化するとされております。つまり取り扱い商品の性質や価格帯によりまして目指すコンバージョン率には差がありますので、正しい目標を定めるのは非常に重要とされております。またWEBサイトの使いやすさはこの率に対しまして左右する大きな要因となりまして、見直して改善することにより、この率がアップするケースが多く報告されております。つまり効果的なリスティング広告をしてサイトの使いやすさを心がければ、費用対効果は絶大なものになるとされております。

新着情報