膨大な数のキーワード管理

検索結果ページに関連する広告がそこに表示されるため、新聞の折り込み広告などとは違い、興味のある人に見てもらえる可能性が高いリスティング広告は、現在活発に利用されています。 利用が簡単なように見えるリスティング広告ではありますが、最も難しく重要といえるものの一つとしてキーワードの選択があります。このキーワードを適切に設定しなければ、広告と相性の良い検索結果ページに反映されず、クリック率が思うようにあがらないという失敗を繰り返してしまうことが決して珍しくはありません。 何度もキーワードを追加して、成果が得られるまで頑張る方法もありでしょうが、これでは無駄に時間がかかってしまいますし、膨大な数のキーワード管理がとても面倒な作業になってしまいます。

リスティング広告のキーワード選択

上手にリスティング用のキーワードを選択する方法として、キーワード生成を補助するツールを使ってみてはいかがでしょうか。ネットで調べれば、有料もしくは無料で利用できるものが多数見つかりますので、好みにあったツールを試しに利用してみるとよいでしょう。 利用したい言葉を入力し、別に調べたい年月などを指定すれば、その年月における言葉の検索数を知ることができるものであったり、複数の言葉を指定すれば、それぞれの言葉を組み合わせた何通りかの言葉を自動生成してくれるツールなどもあります。 このようなツールを使えば、想像つかなかったような言葉を容易に作れるようになりますので、リスティング広告のキーワード選択に無駄な時間をかけずに済みます。

新着情報