購買前行動も効果

リスティング運用のためには、リスティング広告による効果測定を行い、その結果を踏まえてリスティング広告の掲載方法を検討し最適化する必要があります。この広告はクリックすることで広告費が掛かるため、広告掲載に対するクリック率を把握することはもちろんですが、クリックしてから実際の購買に関連する行動に移行しているのかを出来るだけ正確に把握して、広告の掲載先を調整したり、キーワードの最適化に関し検討してより効率を向上させる必要があるのです。リスティング運用は広告の投資に対する実際の購買行動との費用対効果が最重要視されますが、その広告によるサイト閲覧数や購買行動にどれだけ近づいたか、例えば資料請求を行ったといった購買前行動も効果として認識する必要があります。

費用対効果を向上

リスティング運用における効果測定は、実際の購買行動に至ること以前に、どこの位置までサイトを閲覧したかや、また資料請求などの購買行動に至るアクションを起こしたかなどを調査把握することが重要になります。この情報を元にして、サイト自身を適正化したり、またリスティング広告の掲出先となる検索キーワードを絞り込んだり広げたりといった調整をすることで効果を向上させていきます。リスティング広告の効果測定を行うためにはコンバージョンタグを用います。コンバージョンタグをページに埋め込んでおくことでユーザーのコンバージョンを把握し、具体的な効果を測定できます。リスティングで効率を上げているサイトは、このコンバージョンタグを積極的に採用し、費用対効果を向上させているのです。

新着情報